22

This sentence is indeed regarded as one of the most difficult translation challenges. This sentence has been translated variously by many translators. Kawai Shunichiro, one of the translators of Hamlet, has the list of 40 translation attempts that have been made by experts. To list a few: アリマス、アリマセン、アレワナンデスカ 1874年、チャールズ・ワーグマン 死ぬるが増か生くるが増か ...


10

The なく is the 連用形 of ない used in the sense of: 10 名詞に付いて、否定の意を含む形容詞をつくる。「こころ―・い」「違い―・い」「面目 (めんぼく) ―・い」 (デジタル大辞泉) ない can be attached to a noun, forming an i-adjective with a negative meaning ("without~~"). A few more examples: 「[絶]{た}え[間]{ま}ない」「休みない」「[跡形]{あとかた}ない」「[相違]{そうい}ない」 [隙間]{すきま}なく in your example is the 連用形, or the adverbial form, of 「隙間ない」, i.e. ...


9

「~ではありませんか。」 in narrative is a kind of rhetorical device for a dramatic effect. It's often used in children's stories, folk tales etc. (昔話, 童話 etc.) to present an unexpected event or express a character's surprise. Your example could be written this way, in a regular, normal narrative... すると神さまは、 「遅かったね。残念だけど、昨日決まったよ」 と、言いました。 ... but writing this ...


8

日本国語大辞典 says: 近世「だれ」と変化したが、「随筆・松屋筆記‐五五・三」「徒然慰草‐一・二二段」に「今云あの人たちのもの申さるることばをきくに或は『たれ』といふことを『た』の字をにごり〈略〉かやうのかたこといくらといふかずをしらず丸か耳にさへをかしく伝ればこれをいにしへの人たちにきかせ奉らばいかばかりかなしくおぼしめされん」とあり、近世後期からの現象と思われる。現代では、「だれ」が一般的であるが、主に文語脈の中では、「たれ」ともいう。 Judging from 松屋筆記 is written in 1818-1845, and 徒然慰草 is some point before 1650, the current pronunciation gradually replaced it ...


7

You may or may not know that the so-called "Bushido code" was popularized (and somewhat canonized) by Inazo Nitobé [sic] in Bushido: The Soul of Japan (1900) and first published in English. One could say that the canon word for "veracity" in the sense of the "Bushido code" is the English word "veracity". Only some years later, after being popular overseas, ...


7

WIkipediaによれば元来のcomedyは以下のようなものであり、単に形式的なもののようです。 ただしコメディ(Comedy)の西洋における元義は、悲劇(英: Tragedy )の対照を成す意味での演劇である(例えばギリシア悲劇に対するギリシア喜劇)。従って本来は必ずしも笑えるものだけを意味するとは限らない。 例えば、ダンテの『神曲』も原題は「羅: La Divina Commedia 」であり、日本語で通常の直訳では「神聖な(もしくは神の)喜劇」となるが、笑えるものを意味しているわけではない。 対照的に、「喜劇」という日本語は comedy の訳語ではありますが、ほぼ常に「お笑い」を主体とするものを指します。「喜劇」という言葉は作品の性質に合わず、誤解を招く危険があるため、...


6

The words and phrases vary by time, by occasion, and even by class. Just top of the mind, even the simplest words like “I” and “you” can be expressed in dozens of different ways in old-style Japanese, according to the status of the speaker, situations, by profession, by sex, and by time. For instance in Edo-era “I” was expressed as [俺]{おれ}、[儂]{わし}、[手前]{...


6

[甘い匂いのひやひやとした露が、毛穴へ染み入る]皮膚のよろこびは格別であった。 甘い匂いのひやひやとした露が、毛穴へ染み入る is a relative clause modifying 皮膚. The subject of 染み入る is 甘い匂いのひやひやとした露. The sentence roughly means something like..... "The delight of the skin [into the pores of which the sweet scented and chilly dew penetrated] was exceptional" / "The delight of the skin [when the sweet scented and ...


6

すきっと is actually a dictionary word — for example 大辞林 has すきっと (副)スル すっきりしたさま。さっぱりしたさま。 「頭が-する」 「 -した気分になる」 It's an adverb for する (sometimes also called a to-adverb) which describes something being clear/clutter-free (and the positive effect this has on one's mind). I guess you can associate it to 空く【すく】 or 透く【すく】. といったらいいか is just と quoting ...


5

この「片づける」は "to settle down", "to sort out" のような意味で使われています。現代文でも「問題を片づける」「トラブルを片づける」などと言うことができます。ただし、現代文で「態度を片づける」ということはまれだと思います。私なら「態度を決める」「態度について片をつける」などと言うと思います。 この文の場合は、「~てもらいたい」と「~てほしい」はほとんど同じです。ただし、「~てもらいたい」の方が、話者自身に直接利益があるという印象が強くなります。例えば「ヤンキースに優勝してもらいたい」と言うと、まるでヤンキースの関係者が言っているように聞こえるかもしれません。単なるファンとして応援している場合は「ヤンキースに優勝して欲しい」というのが普通でしょう。


4

It's not what you'd expect for colloquial speech in the early 20th C., but it's believable as an Akutagawan quirk. (Maybe affected, maybe not.) He was obviously familiar with a huge range of older narrative styles and material (Rashomon is basically an elaboration on a Konjaku Monogatarishu story), and there is evidence of him using the reading elsewhere ...


4

1) I'm not good at 東北弁 at all, but like any other dialects in Japan, 東北弁 is rather quickly disappearing. I believe only old people in rural areas of Tohoku region can speak fluent 東北弁 today. Even in this novel written more than 80 years ago, 東北弁 is used as a role-language that represents country kids (先生 uses standard Japanese). 2) Fairy tales and folklore (...


4

In classical Japanese, で after an irrealis-form (未然形) means ないで in modern Japanese. So 折らで means 折らないで or "without snapping off". で 接続助詞 《接続》活用語の未然形に付く。〔打消の接続〕…ないで。…ずに。 This で is surviving as part of ならでは (etymologically, copula-なり + で + contrastive-は → "unless so", "if it were not" → "unique to", "found only in")


4

This is a deeply-nested sentence, but the "outer" structure is: [この羽織は、(long relative clause here) ものだ]と、母の手紙に長い説明がある。 In Mom's letter, there is a long explanation that says "This haori is (such-and-such) a thing." と in bold is quotative, and everything before it is a content of the explanation. In the quote, この羽織 is the subject, and its corresponding ...


4

「そのもの」というのは親から譲り受けた性格や財産など、受け継がれたもの自体を指します。この場合、「無鉄砲」がこれに当たります。 「損をする」というのは、意味合いで言えば英語の Lose、Lose out などに似た言葉です。大辞林の解説によると そん【損】: 利益を失うこと。益のないこと。不利であること。また、そのさま。 ⇔ 得 ・ 益 「千円の-をする」 「口べたで-をしている」 「 -な役回り」 「無鉄砲で損ばかりしていた」というのは、要は、あまりにも無鉄砲だったせいで、例えば問題ごとを起こし親に叱られたり、事故に遭ったりなど、いろいろときつい目にあわされ続けたといった感じですかね。


3

「彼女」は津田の妻「お延」です。 この「って云って下さい」は、「と伝えてください。」という意味です。 辞書には、「云う」の意味は、「人のいったことや伝聞したことなどを引いて・・・・という。」と書いてありました。


3

Yes, あぶないと言いうるほどに自分はあぶなくない地位に立っている just means "to stay in a safety zone to the point where he can say it's dangerous". You seem to understand the grammar already. The implication in this context is that someone who innocently says "It's dangerous (so don't do it)" is someone who is an irresponsible bystander. If you are truly involved in an actual trouble, ...


3

「どのくらいって、山と田地が少しあるぎりで、金なんかまるでないんでしょう。」 この「ぎり」は「きり」とも発音され、副助詞です。「っきり」という形で恐らく既にどこかで見かけているのではないでしょうか。 意味は「だけ」、「かぎり」となります。従って、「少しあるぎり」は「少しあるだけ」というように解釈すれば問題なく理解できると思います。 また、この「ぎり」は、「義理」とは何の関係もない言葉です。発音も違います。 「ぎり」: 「ぎり{HL}」 「義理」: 「ぎり{LH}」


3

Depends on the context, but スキっとする is to be/feel clear or refreshed. Also depends on the context, but いったらいいか could be 行ったらいいか or 言ったらいいか. It sounds like a sentence fragment (e.g., どこに行ったらいいか分からなかった, 何を言ったらいいか分からなかった, etc.). Assuming it's 言う, 言ったらいい means "should say." It's the same as 言えばいい. 彼は何を言ったらいいか分からなかった is "he didn't know what he should say."


3

Using archaic personal pronouns: For example, それがし and 拙者 are the two typical samurai-sh first person pronouns widely used by fictional samurai/ninja characters. And 汝 is a common and pompous pronoun which may be used in place of "thou". You can easily find the list of such pronouns elsewhere. Using archaic vocabulary: There is a dedicated dictionary for ...


3

According to some webpages, 石さまざま is made from 6 short stories based on stones. 水晶 is the representative of them. 他三篇 means "and 3 another stories". So, in this book, there are 4 short stories from 石さまざま. 水晶, みかげ石(granite), 石灰岩(limestone), and 石乳(stalactite). シュティフター作 is obviously the name of the author. I am not sure, why there is only his surname ...


3

Like ごう, which is also sometimes used for strong winds, I think どう may represent the lower frequency sounds caused by strong winds. The higher frequency sounds would be びゅうびゅう or ひゅうひゅう etc.


3

Atop the island, on a plateau, stood a cross, silent and eternal, so dazzling and white that it might have been cast from frozen Arctic clouds, crowned with a pure halo of gold. Goo辞書 and コトバンク both have the same definition for すきっとした: [副](スル)すがすがしいさま。さっぱりした感じがするさま。「すきっとした気分」「すきっとした身なり」 Included on the コトバンク entry is the additional information that it ...


3

犯人意識 is not really a common word at least in modern Japanese, but in my previous answer, I translated 犯人意識 as "the sense of guilt". This 意識 is "awareness", "feeling" or "sense" rather than "consciousness" in the sense of "state of being awake and alert". Similar expressions include: 民族意識: national consciousness (although 民族 is not exactly the same as 国家) ...


2

抜けたら has nothing to do with past tense. According to "A Dictionary of Basic Japanese Grammar", page 452: "たら is a subordinate conjunction which indicates that the action/state expressed by the main clause in a sentence takes place after the action/state expressed by the subordinate clause." Examples: 山田さんが来たら、私は帰る。 If Mr. Yamada comes, I will go home. In ...


2

The expression of 日本へ行く前に has all possiblities of past, present and future. future:日本へ行く前におみやげを買った。これから日本へ行きます。 present:日本へ行く前におみやげを買った。いま飛行機に乗っています。 past:日本へ行く前におみやげを買った。だからこれをあなた(日本の友達)にあげます。


2

According to スーパー大辞林 published by Sanseido, “誰” was pronounced “たれ" in old time and started to be pronounced as “だれ” in “近世 ‐ the later part of feudalistic era ie, Azuchi, Momoyama and Edo era (1573 – 1895). The early pronunciation of “誰" as “たれ” is notably found in the phrase, “わかよたれそつねならむ - 我が世誰ぞ常ならむ – What can be permanent in this transient world?” in ...


2

It seems to be 三年生 in the original text. Someone may edit it as 一二年生 because 三年生 is probably the author"s error as Mr. Takeda said. And 一、二年生 would be more natural if it is edited. This link may help you. http://www5a.biglobe.ne.jp/accent/kazeno/origin.htm


2

学校の授業が始まるにはまだ大分日数があるので鎌倉におってもよし、帰ってもよいという境遇にいた私は、当分元の宿に留まる覚悟をした。 学校の授業が始まるにはまだ大分日数があるので (私は)鎌倉におってもよし、帰ってもよい という境遇(状態あるいは心境)にいた (そんな)私は、当分元の宿に留まる覚悟をした。 「鎌倉におっても よし」は、「鎌倉にいても よし」あるいは「鎌倉に留まっても よし」の意味。 「という境遇にいた私」は、「と言う境遇(状態、心境)の中にいた 私」なので、 肉体としての私が、滞在していたのは、「鎌倉」だが、 気持ちとしての私が、「いた」のは、「おってもよいし、帰ってもよいという境遇(心境)」 主人公は「当分元の宿に留まる覚悟をした」とあるが、先ず「...


2

Yes. That utterance of "神様" can be interpreted as addressing God (as opposed to just making reference to God), in which case the vocative "Oh" is justly employed in the translation.


Only top voted, non community-wiki answers of a minimum length are eligible