New answers tagged

1

自分 is sometimes used as a plain (non-reflexive) first-person pronoun, in which case it's used mainly by tough male speakers (e.g., sumo wrestlers, members of 自衛隊). From 日本語の一人称代名詞 on Wikipedia: 自分(じぶん) スポーツ選手など、いわゆる体育会系の男性がよく使用する。刑事ドラマ『西部警察』では渡哲也が演じた主人公・大門圭介が用いた。この他にタレントの風見しんごらも用いる。文章でもしばしば使われる一人称であり、その場合は女性も用いる場合もあるが、改まった文章やビジネス文書では使われない。 Putting ...


Top 50 recent answers are included