4

This is a great answer, I think. To summarize in English, in the olden days, people didn't really need to refer to separate oceans in the same sense we do today, and would instead denote narrow regions of ocean by the areas of land they were closest to, or by adding [灘]{なだ} onto the end to denote a tough-to-sail area of ocean. Even 瀬戸内 didn't get its name ...


3

つきおうて=つきおう+て=付き合う+て あいおうていた=あいおう+て+いる+た=相会う+て+いる+た This is from Wikipedia about ワア行五段. ワア行五段活用で連用形が促音便化するものが、西日本方言や古風な文体ではウ音便化することがある。この場合「ワローテ(笑うて/わろうて)」「ユーテ(言うて/いうて)」「ソーテ(沿うて/そうて)」のように発音する。 You can still see this conjugation in forms like 問うて、問うた. おう is an old way to pronounce of あう. I wonder if it's related to 逢瀬{おうせ}, but I have no idea about ...


3

読点がないのが不親切ですが、感動詞(間投詞)の「はあ」だと思います。この文脈だと以下のいずれかの意味だと思います。 肯定も否定もできない時、やや疑問に感じている時、不審に思いながらもとりあえず話を続ける時、あまり乗り気でない時などに使われる「はあ」。こちらの2番目の定義です。この場合、女河童はウテナのことをあまり歓迎しておらず不審に思っているが、とりあえず言われて挨拶をしている、ということになります。英語だと、"well...", "um...", "oh, is that so..." あたりに対応すると思います。こちらは現代語でもよく使われます。 相手に対してへりくだる「はあ」。時代劇などで農民が領主に「はい」と言う代わりに「はあ」「はっ」「ははあー」と言うのを聞いたことがないでしょうか。その「はあ」です。...


2

余 is one for a classic king or a person of equivalent status. Here are some characters whose first person pronoun is 余: 徳川茂々(『銀魂』) Tokugawa Shigeshige (from Gintama,) a shogun メルエム(ハンター×ハンター) Meruem (from Hunter x Hunter,) the king of the Chimera Ants Moreover, though I can't remember certain character, 余 is also known as 殿様(lord)-ish pronoun.


1

もう少し文脈やあらすじなどどういった話かが分からないとあまりよく分からないのですが、おそらくこの「はあ」は主に当惑を表しているのではないでしょうか?ため息をついているのでしょうか。なので、助詞ではなく間投詞だと思います。 古来からあるかも知れませんが、特に古風な表現ではないと思います。友達に「また遊ぼうぜ。」って連絡しても、「はあ、頼みますわ。」って返信が来たりしますし。ただこの場合は単なる同調の「はい」なのか最近忙しいから「はあ」とため息をついているのかは分かりませんが。 この「はあ」も似た様な類だと思います。特に、「うちのひとがはあお世話に。」とかそう言う感じがします。


1

近侍 is not a common word, but it refers to someone who works near or aside a master. Perhaps "attendant", "valet" or "chamberlain" in English. 臣 is just "retainer". The の between them is an apposition marker ("近侍 who is also 臣" rather than "近侍's 臣"). 臣 may seem redundant, but it may be saying Nunasaki is not a servant but has some social status.


1

The normal meaning was explained clearly by previous people, as a Chinese learning Japanese I want to say some other things. 其: Chinese: it's(Third person possessive pronoun) Japanese: it(Third person personal pronoun) X 之 Y: Chinese: Y of/in/etc X, X's Y ~= 的(Modern) Japanese: mainly X's Y, == の We Chinese only use "其一"(Chi' i in Mandarin, Ki' iat in ...


Only top voted, non community-wiki answers of a minimum length are eligible