Podcast #128: We chat with Kent C Dodds about why he loves React and discuss what life was like in the dark days before Git. Listen now.
11

引用文の終わりに、括弧に入れて (訳は筆者による) ←recommended または、(筆者訳) ← recommended (拙訳) (私訳) のように書くとよいと思います。


9

「上のごとく」 文法的に間違っているわけではないのですが、おっしゃる通り、古い感じがするから修正されたのだと思います。As stated above を言うのでしたら、 「上述のように」 「上に述べたように」 「上のように」 または、 「上述のとおり」 「上に述べたとおり」 などがよいかと思います。


9

である is formal, but not polite であります is formal and polite, but not humble でございます is formal and polite and humble だ is informal, but not polite です is informal-* and polite *- compared to である A politician giving a speech on TV: 我々は日本国民である - We are Japanese citizens A lawyer speaking to a judge: (I think this usage is rare though...) この通りであります - ...


7

Four points will be brought up as the subjects of this research/study. You could use 課題 here to mean "problem" in the sense of an abstract problem -- i.e., the issues that the research is tackling. It would not be "problem" in the sense of some difficulty in performing/conducting the research.


7

馳せ参じる is a compound verb made of 馳【は】せる and 参【さん】じる, and means "to flock in haste", "to come at once (to someone higher than the speaker)". 馳せる means "to make (something) run/spread", but this verb has almost fallen out of use except in a few fixed expressions such as 名を馳せる, 思いを馳せる. 参じる is a variant of 参ずる, which is a humble version of 行く/来る. But this word ...


6

There's no implicit order which word you should use for stacking sections. You can (basically) freely choose linking words for your additional sections. A non-exhaustive list is: 次{つぎ}に, 更{さら}に(は), そして, それから, その上{うえ}(に), この上{うえ}(に), 加{くわ}えて, それに加{くわ}え(て), 他{ほか}に(も), また, 並{なら}びに, および, それだけでなく, のみならず etc. etc. Variations for "firstly" and "finally" are: ...


6

「疑問詞 + ~~か」の形で、疑問ではなく手段、方法、過程などを表すことができます。 「いかに」「いかにして」は、「どうやって」「どのようにして」の堅い言い方で、「どんな方法・手段・やり方で」「どんな過程で」などの意味があります。 そして、「いかに~するか」「どうやって~するか」は、「どんな方法・過程で~するか」(in what way/process XX does ~~) や「~~する方法・手段・過程」(the way XX does ~~; the means XX does ~~ by; the process XX does ~~ in) という意味で使うことができます。 例えば、「この問題の[解]{と}き方」は、「どうやって/どのようにしてこの問題を解くか」や「この問題を解く方法」と同じ意味で、...


6

The reason is very simple. It is because the phrase before the 「の」 modifies a noun in each of the two sentences. Only 「の」 can connect a modifier to a noun. 「多発性硬化症についての研究」 is correct because 「研究」 is a noun. Without a 「の」, the following word must be a verb as in: 「多発性硬化症について研究する/した/している, etc.」 BTW, your teacher overlooked two more mistakes. 1) ...


5

These two かどうか actually mean "whether or not ~" or "if ~". Examples are found here. In case you don't know about embedded questions, please learn embedded questions first. And "~が不安だ" means "I'm worried about ~." If you're familiar with the "~が好きだ" pattern, "~が不安だ" should look similar. The sentences in question are the combination of the elements above. ...


5

The only difference that I could discern would be in the formality level. I could not say that there was a difference in meaning between the two. 「~~に関{かん}する」 sounds just slightly more formal/technical/academic than 「~~に関しての」. The more formal the occasion, the more often one would expect to see/hear the former, IMHO. That is not to say, however, that 「~...


5

I think 電撃 is not so strange as a translated material, but anyway... I'm afraid I don't know the standard way to assert your translation of a certain expression is correct without disclosing the original English phrase. Something like (この部分は原文を直訳したもの) might work, but that's annoying and uncommon. In general, it's a common practice to specify the original ...


4

「[割愛]{かつあい}」 is a formal word so appropriate to use in a formal situation as suggested by eltonjohnさん. 「[飛]{と}ばす」and 「[省略]{しょうりゃく}する」 have similar meanings, but 「割愛する」 is more appropriate in this case, because 「割愛」 is formal and has a special nuance for it. While 「飛ばす」 and 「省略する」 simply mean "omit", 「割愛する」 means "I do not want to omit [this/it/etc] but now ...


4

I guess "supervisee", that is, "One who is supervised." (Context would of course help)


4

The word 'supervision' is actually treated as a place. The phrase literally means "supervision as a place of 語り of clinical psychologists". 憩いの場としての家庭 home as a place of relief 働く場としての大学 a university as a place of work I feel 語り is something deeper than simple 'talk'. Probably 'storytelling' or 'narrative' is closer, but there may be a formal ...


4

To rephrase it in a bit simpler (or, a bit less colloquial) way... だから、人に見られてどう感じるか(i.e. 見られたら嫌か、平気か)、ということで(≂ ということを基準にして)、機械にするか生身の人間とのやりとりにするかを決めている(≂ ~かの使い分けをしている)と思います。 which is roughly saying... "So, I think I/you/people decide whether I/you/they should use 機械(=ATM) or 人間(=窓口), depending on how I/you/they would feel (= whether I/you/they like it or ...


4

学術分野ですので、基本的には「ジャーナルに掲載された論文ではなく、最初から書籍や冊子の形で発表されたもの」という理解でよいと思います。この基準は特に、自費出版による論文集・研究書・エッセイ集のような、正当な査読を経ていない出版物を除外するためのものでしょう。主に単著の書籍を指しているのだと思いますが、共著の教科書のようなものも単行本です。具体的にはこういうものやこういうものが、学術的業績とは認められない「単行本」の例だと思います。 一般的には、新聞で連載された小説をまとめたものや、最初から本の形で出版するために書かれたもの(書き下ろし)も単行本の一種です。例えば「ハリー・ポッターと賢者の石」は(書き下ろしの)単行本と言えます。


3

既に意味や用法についての詳しい回答がありますので蛇足かもしれませんが、この種の「か」が「別の意味を表せるか」という点、またその文法的役割についてお答えしたいと思います。 端的に申しますと、この種の「か」は、単独では「How」のような意味を表すことはできません。 例えば、質問文にある例でいいますと、 AがいかにBに影響を及ぼしCを形成してきたか という日本語のタイトルは、原文では、 How A influences B and forms C と表現されているとのことですが、ここで「How」を本質的に意味している日本語は「いかに」という語です。ですから、この「いかに」という語を省略すると、文の意味が変わってしまいます。 試しに、上述の例から「いかに」を抜いてみます。 ...


3

Don't use さん in a formal email. I think "事務局の加島" means she is probably a clerical staff rather than a teacher. (Of course it's a good idea to check it using Google search) So the safe choice would be to address her as 加島様.


3

To look for a time before the word "Shinto" was used, you must look back to the Asuka period, as the question suggests. At this time, the educated term for Japanese ritual was jingi 神祗. But I would caution against thinking of this as Shinto. The formation of Shinto as a nationwide ideal for ritual, practice, and teaching, did not happen in the classical ...


3

お返事ありがとうございました。 掲載していただければ光栄です。 どうぞ宜しくお願いいたします。 Yet, it might be quite too short of an answer for such email.


3

時間の関係で1節飛ばします might be a plain expression, but... What occasion have you got in mind? Your dissertation defense, say? In that case more polite expressions will be preferable. * added * You will read your paper at a conference? Then 時{じ}間{かん}の関{かん}係{けい}で、次{じ}節{せつ}は割{かつ}愛{あい}させて戴{いただ}き、第{だい}x節{せつ}に移{うつ}ります (where "x" is the section where you are to ...


3

I believe this greatly depends on the type of your article and the manuscript guideline of the journal. When in doubt, you have to contact an editor and ask about it. In general, unless your article is directly about the Japanese literature/language/history itself, you can use 新字体. For example, if your article is about vitamins and you just want to quickly ...


3

By "formal" they seem to have meant "literary", "solemn", "lofty" and such things, while "polite" seems more about social courtesy. In this sense: "Formal" or not: get vs obtain; job vs profession; cold vs rhinopharyngitis etc. "Polite" or not: Can I... vs May I...; want vs would like; Can you... vs Would you mind... etc. Thus, the style in academic papers ...


3

「Xの原始{げんし}としてのY」 この表現について、先ず確認しておきたいのは、 原始 = Y 原始 ≠ X という点です。日本語学習者の間で、助詞「の」の前後に来る言葉の関係性に関する誤解が多く見受けられますので、今一度ご確認ください。実際に「意味として、これはYはXの原始かXはYの原始か」と問われていることもあり、この点に言及した次第です。 「原形」、「源」、「根源」という意味で「原始」を使用することは学術的にはあるようなので、市井の会話においての「原始」の使われ方は、今回は余り気にされなくても良いかと思います。 意味としては、単純に、 XはYから始まっている Xの起源/原形はYである という理解で良いでしょう。センテンス風の解釈になってしまいましたが、言うまでもなく「...


3

I believe そして it's used more in a sentence to show that the 2nd part of the sentence was done in result of the first (more like "then" in english): soshite vs sorekara I will list the 3 more common ways, I believe, of connecting negative sentences: 1 - て-form - Found both in written and spoken form. 私{わたし}は女{おんな}の子{こ}じゃなくて、彼{かれ}は男{おとこ}じゃない。- I'm not ...


2

I'd suggest reading the introduction of Tae Kim' Guide to Japanese.: http://www.guidetojapanese.org/learn/grammar/introduction


2

あまり means "so ~ (that ~)", "too much", "overly" etc. You can use あまり in multiple ways. noun + の + あまり 驚きのあまり、喋れなくなった。 This あまり is a noun, but forms an adverbial expression just as "~の場合", "~の時", "~の中" or similar expressions do. dictionary-form + あまり, ta-form + あまり 驚くあまり、喋れなくなった。 驚いたあまり、喋れなくなった。 あまり + に + verb/adjective + て/ので/ため/etc あまりに驚いて、...


2

3つともあっていると思います。 履歴書の業績の欄には、書籍の題名の後ろに、1番は(単著)、2番・3番は(共著)と書きます。 3番のように一つの章を数人で書いていて、(文系では3番はあまり見かけないですが、)自分の担当した部分が明確にできない場合は、本人担当部分抽出不能/不可能などと書きます。 2番は、自分が担当した章の番号とページも書きます。 一冊を数名で書いている場合は、一つの章を一人で書いていても、それが掲載されている書籍(大学の紀要や学会・研究会の論集などの雑誌を除く)は「共著」になります。


2

179 からある数これを引いたら、残りは12。数字はいくらですか As narto said in his comment the above sentence or the math problem is very clumsy and almost ungrammatical. I would edit the math problem like: 179からある数を引いたら、残りは12になりました。ある数はいくつですか。 179 - X = 12 This teacher has to learn Japanese before they try to start teaching math!


Only top voted, non community-wiki answers of a minimum length are eligible