1

その中間、デスクの前に『休め』の姿勢で立つシンは眉一つ動かさない。独断専行の数々と軍規違反。必要だったからしたこととはいえ、詰問も懲罰もむしろ当然のことだ。

 違反の内容からして拘束くらいはされるだろうと思っていたが、今のところ尋問程度で済んでいるのは、扱いを測りかねているものか

86 ─ エイティシックス ─ Ep.2 ─ ラン・スルー・ザ・バトルフロント ─〈上〉 安里アサト

Is the bold ものか just a nominalizer instead of meaning "there's no way..." in this context? If so, can we replace it with ことか? If not, could you please explain why?

I've attached a picture of the whole text.

2
  • 1
    I wouldn’t replace it with こと, but again I wouldn’t use もの to begin with. This author has a peculiar style.
    – aguijonazo
    Jun 25 at 9:15
  • @aguijonazo Thank you for your opinion. So what would you use to express the idea in question? Jun 25 at 9:36

1 Answer 1

2

This sentence sounds weird to me.

? 今のところ尋問程度で済んでいるのは、扱いを測りかねているものか。

Replacing もの with こと only makes it worse.

x 今のところ尋問程度で済んでいるのは、扱いを測りかねていることか。

This is because the の in 済んでいるの doesn’t expected to be matched with a fact but a reason or cause. I think もの sounds less bad because it is not impossible to understand the sentence as a shorthand version of the following, more complete sentence.

今のところ尋問程度で済んでいるのは、扱いを測りかねていることによるものか。

Here, の can be read as something like "situation" and もの as "result," 扱いを測りかねていること being its cause.

You can use an expression that more directly indicates the reason or cause, of course.

今のところ尋問程度で済んでいるのは、扱いを測りかねているためか。

今のところ尋問程度で済んでいるのは、扱いを測りかねているからか。

You must log in to answer this question.

Not the answer you're looking for? Browse other questions tagged .