5

From Google's definition of 格:

  1. きまり。法則。標準。
     「格式・格言・合格・別格・破格・規格・本格・古格・適格・律令格式(りつりょうきゃくしき)」
  2. 《名・造》地位。身分。程度。
     「格が違う」
  3. 方形に組みあわせた材。
     「骨格・格子(こうし)・格天井(ごうてんじょう)」
  4. くる。いたる。とおる。きわめる。
     「格物致知」
  5. ただす。ただしい。
     「厳格」
  6. 《名・造》文法上、文中で語句が他の語句に対する意味的関係。
     「格がかわる」
  7. 《名》論理学上、三段論法の形式。
  8. 手でうつ。うつ。「挌(かく)」に同じ。
     「格闘・格技」

Definition #2 appears to be the closest in meaning to the grammatical usage #6. I am curious: When was this term first translated? And whom should the credit go to for coining it? How did a word denoting social status--namely something on a linear high/low spectrum--come to refer to grammatical categorization of nouns, pronouns, and other words?

3
  • 4
    中国語でも同じ使われ方をしているようなので、そっち由来かも…。
    – naruto
    Apr 15 '20 at 1:14
  • 3
    Then aren't there fair odds that the Chinese borrowed it from the Japanese, like a lot of modern linguistic (or more broadly, academic) terms?
    – goldbrick
    Apr 15 '20 at 11:35
  • 僕は後者に10ペリカですね(笑) Apr 15 '20 at 12:01
3

This does not answer your question of how 格 came to be used, but only (roughly) when and by whom. In short, the term comes from translations of Dutch grammar in late 18th centruy.

From this article

日本人が格変化と出会ったのは実はドイツ語が 初めてではない。鎖国時代も貿易を続けたオラン ダの言語オランダ語も文語では格変化を形式的で はあるが維持していた。よって江戸時代の蘭学者 たちも格変化の情報を知っていた筈である。彼ら の文法用語はどうなっているかといえば,蘭語学 で最も功績のある中野柳圃『三種諸格』(1781 年)における格の表記は以下の通りである。

中野はこの本の種本として Wilhelm Sewel „Nederduytsche Spraakkonst“ というオランダ語の文法書を使っているが,この原書には番号をつけた 格表記はない。中野は主や生といった格の名称の 横に番号を記している。ただし文法説明にこの番 号を用いて 1 格というような表現はしていない。

Another article cites 和蘭語法解 by 藤林普山 (1815) as the source of translation. The following article cited in this may answer your question fully, but I don't have access to it.

==

Also 角川古語大辞典's entry of 格 says its meaning as a grammatical term comes from 蘭文典の研究.

Your Answer

By clicking “Post Your Answer”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

Not the answer you're looking for? Browse other questions tagged or ask your own question.