3

最近「むしろあなたに英語を教えてもらいたいくらいだ」という文を見かけたのですけど、英訳の「I'd rather you teach me English」を言ってみたとしたら、私なら「くらいだ」なしで、「むしろあなたに英語を教えてもらいたい」とかになるでしょうから、「くらいだ」の働きや必要性に悩んでいるのです。この「くらい」は、最低限を表すものと同じなのですか。何か軽蔑を表しているわけですか。

よろしくお願いします。

5

「くらい」には色々な意味があり、あるものの程度が非常に小さいことを表すことも、非常に大きいことを表すこともできます。

  1. おおよそ同じ程度・approximately:「1年くらい前」「サッカーボールくらいのサイズ」
  2. たったこれだけの程度・only:「それくらいのことで泣くな」「話を聞くくらいなら簡単だ」
  3. こんなに大きな程度・this much・to the point:「驚くくらいに美しい」「1万円もするくらいだからおいしいはずだ」

あなたの例の場合は3番目に該当します。つまり、この「くらい」には、「聞き手の英語の能力がとても高いので」という気持ちが入っています。

むしろあなたに英語を教えてもらいたいくらいだ。
(Your English is so good that) I'd rather have you teach me English.
(Your English is good to the point where) I'd rather have you teach me English.

この文は、事前に「あなたの英語は上手ですよ」のような文脈がある場合のみ成立します。

Your Answer

By clicking "Post Your Answer", you acknowledge that you have read our updated terms of service, privacy policy and cookie policy, and that your continued use of the website is subject to these policies.

Not the answer you're looking for? Browse other questions tagged or ask your own question.