4

現代訳を頼りに、泉鏡花さんの「外科室」を読もうとしているところですが、分からない箇所があります。

原文の

 看護婦は医学士の旨を領してのち、かの腰元に立ち向かいて、
「もう、なんですから、あのことを、ちょっと、あなたから」
 腰元はその意を得て、手術台に擦り寄りつ、優に膝のあたりまで両手を下げて、しとやかに立礼し、
「夫人、ただいま、お薬を差し上げます。どうぞそれを、お聞きあそばして、いろはでも、数字でも、お算えあそばしますように」
 伯爵夫人は答なし。

は現代訳ではこうなる。

 看護婦は医学士の指示を承知した後、あの侍女に向かって、
「もう、時間ですから、あのことを、ちょっと、あなたから申し上げてください」
 侍女はその言葉の意味を理解して、手術台に擦り寄り、膝のあたりまで両手を下げて、しとやかに深く立礼し、
「奥様、ただいま、お薬を差し上げます。どうぞそれを、お吸いなさいまして、いろはでも、数字でも、お数えなさいますように」
 伯爵夫人の答えはない。


「お聞きあそばして」を見た時に、「お聞きなさいまして」と解釈したが、現代訳によると、「お聞きなさいまして」ではなく、「お吸いなさいまして」という意味だそうです。理由は何ですか。

4

明鏡国語辞典によりますと、「聞く」の意味として、

きく
⑤[聞]においをかぐ。また、においのよしあしなどを感じとる。「[香]{こう}を聞く」
⑥[聞]酒の良しあしなどを舌で感じとる。「酒を聞く」
表記 ⑥は「利く」とも。

とあります。どんなお薬なのか(飲み薬ではない?)、先を読めばわかるかもしれませんが、この場合、5の意味として解釈されているのだと思います。少し古いような、硬い感じの表現なので、現代語訳では「吸う」にされているのだと思います。

| improve this answer | |
  • 3
    吸入麻酔薬ですね。時代的にジエチルエーテルでしょうか。数を数えさせるのは意識が消失したことがわかるようにです。 – naruto Nov 3 '18 at 1:40
  • ^ おお~~! なるとはん、さすが~~ – Chocolate Nov 3 '18 at 1:43
  • まさか、このの意味もありましたか。ありがとうございました。 – 永劫回帰 Nov 3 '18 at 9:36

Your Answer

By clicking “Post Your Answer”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

Not the answer you're looking for? Browse other questions tagged or ask your own question.