2

The lyrics of the song go like this:

教科書に書いてある事だけじゃわからない

大切な物がきっとここにあるはずさ

それが島人ぬ宝

Why is ぬ used where の is expected? It this something Okinawan?

2

According to Wikipedia 沖縄方言:

日本語共通語との対応関係

琉球語沖縄方言(琉球語派沖縄語)では、日本語のオ段母音がuに、エ段母音がiに対応している。そのため殆どの行で日本語のオ段とウ段、エ段とイ段は統合している。

助詞

格助詞のガとヌには、主格と属格(連体格)の両方の用法がある。現代日本語では「が」は主格、「の」は連体格であり、「が」の連体格や「の」の主格の用法は使わなくなっている。ガとヌには使い分けがあり、例えば首里方言では、人が主語の場合はガ、人以外が主語の場合はヌを使い、連体格の場合、尊敬すべき者には格助詞を使わず、尊敬されない者にはヌを使うなどの区別がある。

So yes, ぬ in Okinawan is basically the same word as の, although it has some grammar rules that are different from those of mainland Japanese. Some pages say this type of ぬ is almost dead now, and, for the most part, the lyrics are written in standard Japanese. So this may be seen as an archaism.

Your Answer

By clicking "Post Your Answer", you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

Not the answer you're looking for? Browse other questions tagged or ask your own question.