1

さえ vs でも in term of extreme example

Pls feel free to provide example

0

According to the Kojien 6th edition (Japanese dictionary), here are the examples.

「でも」 means "pick something as an extreme example and imply that it is more natural if not the case."

-「子どもでもできる」(=大人なら当然できる) Even a kid can do that. (Of course, an adult can do it.)

-「初心者でもできる」(=上級者なら当然できる) Even a beginner can do that. (of course, an expert can.)

-「一枚でもいい」(=二枚以上なら当然もっといい) Even one is okay. (Two or more is better of course)

-「病をおしてでも行く」(=元気なら当然行く) I will go even if I am sick. (Of course, I'll go if I'm not.)

-「冗談にでも口にするな」(=本気なら当然口にするな) Do not say that even if as a joke. (Of course, you should not say it seriously.)


「さえ」 has several meanings including the exact same meaning of 「でも」. So we can also say,

-「子どもさえできる」「子どもでさえできる」「子どもにさえできる」

-「初心者さえできる」「初心者でさえできる」「初心者にさえできる」

However, we don't say the following. 「一枚でさえいい」 「病をおしてさえ行く」 「冗談にさえ口にするな」

I thought about why we don't but could not figure out. I feel like 「さえ」 is only applicable when the thing you picked is clearly a light, or say, inferior to what you imply. In this case, 子ども < 大人 and 初心者<上級者 is clear, but 一枚<二枚以上 depends on the situation and less clear...

  • この知恵袋の答えによれば、どちらを使うか、「でも」と「さえ」が付く前の言葉を使う意図によるものです。「でも」は、極端のものを取り立てることで、他のものに不可能だということは不思議だと指摘したいときに使い、一方で、「さえ」は、極端のものを取り立てることで、意外な気持ちを表したいときに使うらしいです。例えば、「さえ」を使い、「大人さえもできない!(なんて難しいことだ!)」と「子供さえできる!(意外と簡単なんだね)」と、「でも」を使い、「大人でもできないよ。(だから、子供にできるはずがない)」と「チンパンジーでも出来る!(なのに、何でできないんだよ?!)」という解釈でどうでしょうか。 – heretomurimudamura Oct 27 '18 at 2:14

Not the answer you're looking for? Browse other questions tagged or ask your own question.