4

朝の時間が、思考にとって黄金の時間であるのも、頭の工場の中がよく整頓されて、動きやすくなっているからにほかならない。

外山さんの「思考の整理学」から。

タイトルの通りに、ここの「であるのも」は「であるし」のかたい言い方ですか?後、この「であるのも」の「の」は説明する意味ですか?

4

その「の」は、 nominalizer です。「朝の時間が思考にとって黄金の時間である」を名詞句の形に変えて、主語として使えるようにしています。

わかりやすくするために、埋め込まれた文にカッコを補うと、

『朝の時間が、思考にとって黄金の時間である』のも、『頭の工場の中がよく整頓されて、動きやすくなっている』からにほかならない。

全体の文は、

[文A]のも、[文B]からにほかならない。

という形で、  

[文A]のは(も)、まさに[文B]からだ。
"The reason for [Sentence A] is nothing other than [Sentence B]."
"It is only because [Sentence B] that [Sentence A]."

というような意味です。少し補って、

『朝の時間が思考にとって黄金の時間である』というのも、まさに『頭の工場の中がよく整頓されて動きやすくなっている』{からです。/ ということが理由です。}

のように言い換えることもできます。

Your Answer

By clicking “Post Your Answer”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

Not the answer you're looking for? Browse other questions tagged or ask your own question.