1

次の文は間違っていないが、不自然な文である。なぜ不自然かを説明してください。後は、文が自然になりうるコンテキストを考えてくれませんか?

先生がインフルエンザをうつしてくれたので、学校を休まなければならなかった。

2

This sentence is grammatically correct but semantically weird. This sentence has the subsidiary verb くれる, which indicates the teacher did something good for you. In this case, you were negatively affected by the teacher, so くれる is not an option. so you should use the passive form rather than くれる. This type of passive form is particularly called "suffering passive". Here is the corrected version:

先生インフルエンザをうつされたので、学校を休まなければならなかった。

(Note for more advanced learners: In fact, the sentence in question is not absolutely incorrect because くれる is sometimes used when someone did something bad for you. See Using くれる for doing something bad for details. This type of くれる sounds arrogant and derogatory. Beginners should not use くれる in this situation even when the teacher is not present.)

| improve this answer | |
  • 1
    えっと。。「先生にインフルエンザをうつされた」は、間接受身やsuffering passiveではなく、「先生が私にインフルエンザをうつした」の直接受身文です。。「~に~を」の二つを目的語に持つ文は、直接受身文が2つ作れます(ヲ格を主語にするものとニ格を主語にするものの2つ)。 – Chocolate May 28 '18 at 15:06
  • @Chocolate リンク先を見る限り「誰かに足を踏まれた」も迷惑の受け身の一種であるかのような書き方なので、これも同じかなーと思ったのですが、違います? まあ典型的には「雨に降られた」「息子に死なれた」みたいなのを呼ぶのでしょうけど。 – naruto May 28 '18 at 16:11
  • 1
    もちろん「誰かに足を踏まれた」は直接受身じゃなくて明らかに間接受身(持ち主の受身)ですが、これは違いますね・・ 「私は先生にインフルをうつされた」→「先生が私インフルうつした」と違って、「私は誰かに足を踏まれた」→✕「誰かが私に足を踏んだ」とか能動文に直せないので。。 – Chocolate May 28 '18 at 17:48
  • @Chocolate 納得しました、ありがとうございました! – naruto May 29 '18 at 0:01

Your Answer

By clicking “Post Your Answer”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

Not the answer you're looking for? Browse other questions tagged or ask your own question.