4

次の文は雑誌の広告写真についていたキャプションです。

「やさしいかわ ひとに ちきゅうに」

日本エコレザーの広告です。写真では、三人の子供が地球を持っています。やさしい革とは、アレルギーの原因となる金属とか有害物質のない皮革です。

それを考えると、どういう意味がありますか。

「やさしいかわ。人に作られた。地球のために」

「やさしいかわ。人のために。地球のために」

など。

よろしくおねがいします。

4

例の文章は省略された言い回しのようなものですけれども、強調されている言葉は「やさしい」です。そして、「やさしい」について考えますと、「誰にとってやさしいのか、何にとってやさしいのか」という疑問が自然に頭の中に浮かんできます。この観点から見ますと、「人に​[作]{●}[ら]{●}[れ]{●}[た]{●}​」のではなく、「何々​[の]{●}[た]{●}[め]{●}[に]{●}​」でもなく、「何々に​[と]{●}[っ]{●}[て]{●}(やさしい)​」や「何々に​[対]{●}[し]{●}[て]{●}​(やさしい)」というほうが正しい解釈でしょう。

  • 1
    明快な説明をしてくれて、ありがとうございました! – requiredandshown Feb 22 '18 at 19:32
3

たいていの人は、ぱっと見てこれは[倒置]{とうち}(inversion, anastrophe)だと認識すると思います。

「やさしいかわ ひとに ちきゅうに」 (倒置が起こっている)
← 「ひとに、ちきゅうに、やさしいかわ」(もとの語順)

「人にも地球にも優しい革」、「人間にも環境にも優しい革」という意味です。

「~に優しい」は、"to be kind to (someone)" という意味です。

ですから、「どの言葉がなくなったのですか」への答えとしては、語順が変わっただけで、どの言葉もなくなっていない、ということになると思います。

  • 1
    なるほどね。ご回答ありがとうございました! – requiredandshown Feb 23 '18 at 3:21

Your Answer

By clicking “Post Your Answer”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

Not the answer you're looking for? Browse other questions tagged or ask your own question.