3

What is the Japanese word for the action of announcing court orders to the public, by running to the journalists and expanding a piece of rolled paper with the verdict written on it (like here)?

In a casual conversation, I wanted to compare a business situation when no details were given to the interested party but the final verdict, and while my description was clear, I still think there must be a proper term for this phenomenon.

5

専門的な正式名称ではあの紙を「判決等即報用手持幡」と呼び、一部の弁護士はあの行為を「ハタ出し」と呼ぶそうです。

  • 「勝訴」の紙の呼び方やルール、そこには知られざるドラマがあった。

    私が属している弁護団では『ハタ』と呼んでおり、裁判所前でハタを掲げることは『ハタ出し』と呼んでいます。正式には、『判決等即報用手持幡』というらしいのですが、誰もそんな正式名称は使っていません。

  • 判決等速報用手持幡

    判決等速報用手持幡(はんけつとうそくほうようてもちばた)とは、弁護士等が裁判所前で掲げる垂れ幕のこと。
    裁判の結果を、”勝訴”・”敗訴”・”無罪”・”不当判決”等と端的に伝えるために使用される。 一般的には、”幡(はた)”や”びろーん”と呼ばれる。

  • アレの名前【世界面白判例集その3】

    その名も...「びろーん」。
    (本当です)
    あえてもう一度言いましょう。あの垂れ幕様のお名前、「びろーん」と言います。
    (正式名称は判決等速報用手持幡というらしく、略称としてびろーんハタとわれているようです。)

「ハタ」や「びろーん」はあくまで法律関係者の間での俗称であって、一般人が知っている用語は存在しないと思います。普通は「裁判で判決が出た時にカメラの前でびろーんと出すアレ」「勝訴とか不当判決とか書いてある垂れ幕みたいなもの」などと言わないと通じないと思います。

Your Answer

By clicking “Post Your Answer”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

Not the answer you're looking for? Browse other questions tagged or ask your own question.