2

I have encountered four words referring to anger, and would like to know how they differ.

The first is 怒る{おこる}. It seems to be the most neutral option.

Next is 怒る{いかる}. It's very rare as a verb, and seems to be a little archaic.

Now we have ムカつく. I haven't encountered it very much, but it seems extremely informal, almost vulgar.

Finally there is イラつく. It seems to be just a little less informal than ムカつく?

5

主要なニュアンスの違いは以下です。

・怒{おこ}る

・お母さんが子供を叱{しか}る際に:「お母さんは本当に怒{おこ}っているのよ。」
この場合のように、「怒{おこ}る」は、目上の者から目下の者に示す強い非難の感情。
同じレベルや、それに近い場合でも使われる。
・弟が兄に対して:「僕は、お兄ちゃんに(対して)本当に怒{おこ}っているんだからね」
いずれにしても、<人が、人に対して、怒{おこ}る>

・怒{いか}る

・市民が市長の不正に対して:「我々市民は市長に怒{いか}っております。」
社会や状況に対して、それを非難する強い感情。
「市長に怒る」では、怒りの対象は「市長と言う役職における不正」。
・神の教えに反する人間の行いが原因で:「神の怒りに触{ふれ}る」
いずれにしても<人(あるいは神が)、事{こと}に対して怒{いか}る>

・「ムカつく」、「イラつく」(Both are vulgar.「ムカつく」 is more informal than 「イラつく」)

「ムカつく」も「イラつく」も、人が不快な状態にあることを示す表現。
・独り言、あるいは本人のいないところで、自分の感情を表現する:「俺、あいつには本当にムカつくんだよな。」
普通の人が、直接相手に言うことはない。
チンピラは言う。「おめぇは、ムカつく野郎だぜ。」
<私が、誰か(相手)に、ムカつく>

・第三者が、他人の感情を表現する:「夫は、一日中イラついていたようです。」
<誰か(主体)が、イラつく>

※苛{いら}立{だ}ち

ニュースでよく聞く表現:「アメリカ政府は、日本の為替政策に苛{いら}立{だ}ちを示しています」

※寺山修司(劇作家、1935-1983)は、「正義の味方とは、何かに怒っている存在だ。例えば大魔神がそうだ。」と言った。

  • 「はらがたつ」も答えで含めば? – frei Feb 1 '17 at 8:47

Your Answer

By clicking “Post Your Answer”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

Not the answer you're looking for? Browse other questions tagged or ask your own question.