13

What is the difference between 馴染む and 慣れる? Dictionaries say that both represent "to grow accustomed to". In what case 馴染む cannot be replaced by 慣れる or 慣れる cannot be replaced by 馴染む?

4

A dictionary states that 慣れる has three meanings. The first meaning is "get used to". I think it means "the thing becomes an usual thing for someone". The second is "familiarize with", "master". The third is "something like a tool is comfortable and easy to use for someone because he has used it for long".

A dictionary states that 馴染む has two meanings. The first meaning is "get used to" and it implies "familiar with the thing". The second is "fit in", "match up".

For example, the difference between 都会の生活に慣れる and 都会の生活に馴染む is whether someone is familiar with it or not according to a dictionary.

I think 慣れた万年筆 and 馴染んだ万年筆 have almost the same meaning.

慣れる doesn't have the meaning of "match up" as the second meaning of 馴染む, so you can say この絵は、この部屋に馴染んでいる but you can't say この絵は、この部屋に慣れている。

馴染む doesn't have the second meaning of 慣れる, so you can say 旅慣れる but you can't say 旅馴染む.

  • 1
    Familiarity for the thing does not work for me as a native speaker of English. Familiarity with something could work,` but I'm not sure if that's what it means. – virmaior Jan 13 '17 at 11:44
3

Very simple.

  • 馴染む - getting used to something, and making friends with something. To familiarize with (something).
  • 慣れる - accepting something as a normal thing. In English, "To get used to (something)".

For example:

  • 都会に慣れる/馴染む
    • To get used to the city, to familiarize with the city

Related:

2

「馴染{なじ}む」と「慣{な}れる」の違{ちが}いは、感覚的{かんかくてき}にいうと「染(そまる)」の有無{うむ}にあるように思{おも}います。

何度{なんど}も使{つか}っているうちに物理的{ぶつりてき}、精神的{せいしんてき}、感覚的{かんかくてき}とを問{と}わず、角{かど}が取{と}れ、お互{たが}いの隙間{すきま}が埋{う}まり、ピッタリになるニュアンスは「馴(なれる、なれ)」や「慣(なれる、なれ)」にあります。しかし、このピッタリ感{かん}はあくまでも表面的{ひょうめんてき}な感{かん}じです。

一方、「染{そ}まる」は、染色{せんしょく}と表現{ひょうげん}されるように、表面{ひょうめん}のコーティングではなく、繊維{せんい}の中{なか}まで色{いろ}が入{はい}っていきます。色{いろ}が浸透{しんとう}するといってもいいでしょう。
表面{ひょうめん}を越{こ}えた一体感{いったいかん}が「染{そ}める」「染{そ}まる」にはあります。また、「染{そ}まる」あるい「染{そ}める」には「塗{ぬ}る」ための溶剤{ようざい}ではなく、水分{すいぶん}が必要{ひつよう}であり、結果{けっか}として「しっとり感{かん}」があります。

仲{なか}のいい男女間{だんじょかん}の愛情{あいじょう}の深{ふか}さをいう表現{ひょうげん}で、女性{じょせい}が自分{じぶん}を称{しょう}して「あなた色{いろ}に染{そ}まる」という言葉{ことば}があります。これは長{なが}く付{つ}き合{あ}っているうちに、女性{じょせい}が男性{だんせい}の癖{くせ}、しぐさ、好{この}みなどを熟知{じゅくち}し、男性{だんせい}の好{この}むように自然{しぜん}に振舞{ふるま}える、あるいは癖{くせ}や好{この}みがうつってしまう様子{ようす}を言{い}います。

例{たと}えが悪{わる}くてすみませんが、「馴染{なじ}む」には「慣{なれ}れる」にない「浸透感{しんとうかん}/奥行感{おくゆきかん}」と「しっとり感{かん}」がある点{てん}で、ニュアンスとしてはかなり違{ちが}うという結論{けつろん}です。

Your Answer

By clicking “Post Your Answer”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

Not the answer you're looking for? Browse other questions tagged or ask your own question.