2

ネット辞書には出てきませんが、こんなところに読んだ言葉です:

掘建小屋は手作りで、屋根に穴だらけの波型トタンと沢庵石をのせたものである。

日本三文オペラ 174頁(開高健著)

検索すれば、一応写真のタグとして使われているらしい。ですが、写真のどちらへんに含まれているか、よくわかりません。

0

2 Answers 2

6

「沢庵石{たくあんいし}」=「漬物石{つけものいし}」

意味は同じですが、日常的には「漬物石」の方がよく使われると思います。漬物を作る時に、樽{たる}の上に置いておく石のことを言います。特別な石ではありません。

enter image description here

従って、「トタン屋根に沢庵石をのせる」とは、下の写真のように、石の重さで屋根を安定させるということになります。

enter image description here
(source: yimg.jp)

注:この写真は、海外のものです。日本のものはネット上で探せませんでした。上のイラストにあるように、もっと丸い形の石を想像していただければと思います。おおよその雰囲気だけは、この写真でも十分に伝わるかと思い載せてみました。

1

I hope you don' mind an answer in English.

From what I was able to find, 沢庵{たくあん}石{いし}refers to a heavy stone used in some pickle preparations to press down the barrel's lid which is apparently named after Takuan Sōhō:

Takuan

Japanese radish preserved in rice bran (crisp, tart, deep yellow in color). The most popular way to prepare daikon radish, legend has it the pickle was named for the resemblance of the heavy stone used in pressing, to the gravestone of pickle inventor and vegetarian Zen Priest Takuan. But it is also said that the name came from "takuwae-zuke" = to preserve. source

You must log in to answer this question.

Not the answer you're looking for? Browse other questions tagged .