2

For example in this page, reading by context I understand the phrase あるにはあります in the sentence

足労、という言葉もあるにはありますが、「ご」を付けずに使うことはほとんどありません。

as expressing circumspection. That is, while I would translate

足労、という言葉はありますが、「ご」を付けずに使うことはほとんどありません。

The word 足労 exists, but is hardly ever used unless ご is attached.

I would rather translate the original phrase as

足労、という言葉もあるにはありますが、「ご」を付けずに使うことはほとんどありません。

While the word 足労 does exists, it is hardly ever used unless ご is attached.

  1. Is this correct?
  2. If so, how can I understand あるにはあります when used without a contrasting particle such as or けど? This usage is rarer, but can be seen e.g. in this question:

    Q: 皆さんは趣味ありますか?

    A: あるにはあります。(and then some examples)

  3. Can this grammar be used with verbs other than ある? More precisely, the grammar in question is V in 辞書形 + に(は) + V in some conjunction where V is the same verb in both positions.
  • thesaurus.weblio.jp › 類語辞典 › 類語辞書 __ あるにはあるの言い換えや別の言い方。・ ---- 物事の有無について、ないことを否定する表現 ------ 無くはない ・ ないとは言えない ・ 無いわけではない ・ ないと言えば嘘になる ・ あるにはある ・ 有るか無いかと問われればある . . . . . – HizHa Oct 7 '16 at 20:25

Browse other questions tagged or ask your own question.