5

彼は、興奮して、もったいぶった顔つきをしてはいるが、内心の喜びを、上品ぶった冷静さの態度でかくそうとしていた。

also in the following sentence is the same てはいる used but with the humble equivalent おる if so why is it used in its passive form?

あいつの話など、一言も信じてはおられないでしょうな?

7

彼は、興奮して、もったいぶった顔つきをしているが、内心の喜びを、上品ぶった冷静さの態度でかくそうとしていた。

This は is a plain contrast marker. He is もったいぶった顔つきをしている externally, but 興奮している internally. One can also say "もったいぶった顔つきしているが" in this context.

あいつの話など、一言も信じておられないでしょうな?

1

している == Te-form for expressing current status -- [ is being ... ]

In the 1st sentence (してはいる), は is inserted to increase contrast with what follows.

彼は、興奮して、もったいぶった顔つきをしてはいるが、内心の喜びを、上品ぶった冷静さの態度でかくそうとしていた。

[ He is appearing straight-faced BUT actually all excited inside. ]

Also grammatical without the は


あいつの話など、一言も信じてはおられないでしょうな?

[ You don't believe a word of his, do you? ]

This is not passive. Polite form. ( られ is used for both. )

あいつの話など、一言も信じておられないでしょうな?

Grammatical without the は , but with it, there's more emphasis.

Your Answer

By clicking “Post Your Answer”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

Not the answer you're looking for? Browse other questions tagged or ask your own question.