1

I'm used to seeing 息をつく and it's easy to understand in parallel to English, as を marks the object (to take => a breath).

However, I saw this sentence in a dictionary:

彼の情熱的な抱擁で彼女は息がつけなかった。
His passionate embrace took her breath away.

(出典:プログレッシブ和英中辞典)

Why is 息 marked here as the object (assuming が is used here as an object marker)? Would rewriting the sentence as

彼の情熱的な抱擁で彼女は息をつけなかった。
His passionate embrace took her breath away.

make any difference?

2

彼の情熱的な抱擁で彼女は息がつけなかった。
Why is 息 marked here as the object (assuming が is used here as an object marker)?

It's because of the potential form つける. The つける(吐ける) is the potential(可能形) form of the transitive verb つく(吐く).

For example:
「英語話す」--> 「英語を話せる」「英語話せる」「英語話せない」
「目離す」--> 「目を離せない」「目離せない」
「単位取る」--> 「単位を取れない」「単位取れる」「単位取れない」
「論文書く」--> 「論文を書けない」「論文書ける」「論文書けない」
を can be replaced by が when using the potential form. This thread might be of some help.

Likewise,
「息つく」(take a breath) -->「息をつけない」「息つけない」(can't take a breath)

Would rewriting the sentence as
彼の情熱的な抱擁で彼女は息をつけなかった。
make any difference?

I don't think it would make much difference. I think some people would prefer が over を especially in a negative sentence (though it would depend on the context).

0

が is used here as an object marker

That's right.

make any difference?

No difference (or minor difference) I think.


呼吸をするという意味の「息を吐く(いき を つく)」 という表現は、多くの人が、知らないと答えると思います。(漢字で書けば、意味は通じます。)

多くの人は、「息を吐く」と書くと、「いき を はく」 と読むと思います。


呼吸をするという意味で、多く使われる表現は、「息」-「を」-「する」です。

「息-を-する-こと-が-できる/できない」を省略した表現が、 「息-が-できる/できない」 です。

「息-を-できる/できない」でも、意味は通じます。

ただ、省略する場合は、「を-する-こと」を省略するので、 「息-が-できる/できない」の方が正しいと思います。


「息がつけない」は、「息がつけない展開」などの、特定の表現で使います。

「息がつけない展開」の「息がつけない」は、「緊張する」あるいは「どきどきする」という意味です。

この「息がつけない」が、「緊張する」あるいは「どきどきする」という意味になるのは、 「息がつけない」=「息をつく」ことができない = (気持ちを)ひと休みさせることができない = 緊張する ということだと思います。


「息がつける」は、あまり見かけません。たまに見かけるのは、「息がつける場所」などの表現です。 これは、「安心できる場所」という意味だと思います。

「息がつける」= not「息がつけない」= not「緊張する」= 「安心する」 ということだと思います。

息(呼吸)ができる場所 = 安全、安心な場所 = 安心して休める場所 という意味もあると思います。


息がつく は、使いません。

「息をつく」 は、「ひと休みする」という意味で使う、フレーズです。

「息をつく」には、「息を吐きだす」という意味もありますが、多くの人が、そのような意味があることを知らなかったと答えると思います。

「ひと休みする」という意味で使う場合は、「一息(ひといき)つく」あるいは、「一息いれる」という表現の方が多いです。


「息がつけない」は、多くの場合「息もつけない」のことだと思います。

「息もつけないほど 忙(いそが)しい」という表現で使います。

「息つく暇(ひま)もない」などの表現も使います。

息もつける は、使いません。


「息をつく」normally means "have a break"

「息もつけない」means "too busy"

「息をつく暇もない」also means "too busy (to have a break)"


links to Japanese - Japanese dictionary (from デジタル大辞泉)

息を吐く(いき を つく)

links to Japanese - Japanese dictionary (from weblio)

息をつく

息をつく暇もない

息もつけない

  • 2
    「つける」という可能形を使っているために、「が」になったのでは?例:「目を離す」→「目ない」「英語を話す」→「英語せる 」、なので「息をつく」→「息がつけない」 – Chocolate Jul 22 '15 at 16:25
  • 辞書を探してみたのですが、「が」を使う例がみつからなかったので。 「つける」という可能形を使っているために「が」になった、というのは、日本語の感覚としては正しいと思います。 – Toris Jul 22 '15 at 16:34
  • @choco 是非解答欄にてお願いします。直感ですが、質問者さんは、「つく」の他動詞形としての「つける」と、可能形としての「つける」を混同されているようにも思われます。 – l'électeur Jul 24 '15 at 13:14
  • @choco 「息をすることができる」(省略して「息をできる」あるいは「息ができる」)という表現もできますので、可能形だから「が」になる というのは、必ずしも正しいとは限りません。本来の「息をする」という表現のかわりに「息をつく」が使えるように見えた、ということだと思います。また、「息がつける」はあまり使わず、「息がつけない展開」などの特定の表現で使う場合が多いと思います。 – Toris Jul 24 '15 at 22:30
  • 1
    l'électeurさんはそういうことを言っているのではありません。l'électeurさんは、『この辞書の例文「彼女は息がつけなかった」の「つける」は、他動詞‌​「つく(吐く)」の可能形「つける」であるのに、質問者は‌​、自動詞「つく」の他動詞・使役(causative)動詞形の「つける」(「蝋燭に火をつける」「ウッドデッキに屋根を付ける」‌​「おまけに朝ご飯も付ける!」などの)だと勘違いしているのではないか』と言っているのです。 – Chocolate Jul 25 '15 at 6:12

Your Answer

By clicking “Post Your Answer”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

Not the answer you're looking for? Browse other questions tagged or ask your own question.