Tag Info

New answers tagged


In Kansai-ben (or, in Kyoto and Osaka), we say: 〖する〗(do / will do): 「する、言う、くる」 <-- 「する、いう、くる」 「しよる、いいよる、きよる*」 <-- 「する、いう、くる」 +おる/よる 「しはる、いわはる、きはる」 <-- 「する、いう、くる」 +はる (*also pronounced しおる、いいおる、きおる) 〖している〗(is doing / have done): 「してる、言うてる、きてる」 <-- 「している、いっている、きている」 「しとる、いうとる、きとる*」 <-- 「している、いっている、きている」 +おる/よる 「したはる、いうたはる、きたはる」 <-- ...


As you noticed, the auxiliary verb よる, used in the form of "連用形+よる", mainly in the western part of Japan, has two different functions. One is よる used to form the progressive form, which corresponds to ~ている in 標準語: 「今、なにしよるん?」「勉強しよるんじゃ。」 (広島弁) ≒ 「今、なんしょーん?」「勉強しょんじゃ。」 (contracted 広島弁) ≒ 「今、何しているの?」「勉強しているんだ。」 (標準語) ≒ "What are you doing now?" ...

Top 50 recent answers are included