Tag Info

New answers tagged

1

I located another version of the poem as follows: ぬすびと        青じろい骸骨星座のよあけがた    凍えた泥の乱(らん)反射をわたり    店さきにひとつ置かれた    青磁のかめをぬすんだもの    にはかにもその長く黒い脚をやめ    二つの耳に二つの手をあて    電線のオルゴールを聴く Here 青磁のかめ = celadon pot. Thus 提婆のかめ may mean "the pot isolated like Aryadeva." Anyway, the poem is enigmatic with plenty of room for speculation including this -> ...


1

There is an official document that covers a number of these. For example: つくる 084 【作る】こしらえる。米を作る。規則を作る。新記録を作る。計画を作る。詩を作る。笑顔を作る。 会社を作る。機会を作る。組織を作る。 【造る】大きなものをこしらえる。醸造する。 船を造る。庭園を造る。宅地を造る。道路を造る。数寄屋造りの家。酒を造る。 【創る*】独創性のあるものを生み出す。 新しい文化を創(作)る。画期的な商品を創(作)り出す。 * 一般的には「創る」の代わりに「作る」と表記しても差し支えないが,事柄の「独創性」を 明確に示したい場合には,「創る」を用いる。 Or this, which is ...



Top 50 recent answers are included