Tag Info

New answers tagged

5

日本語でのご質問ですので、日本語で回答させていただきます。 ご質問にあるような状況において「一緒なように」という表現を用いることは、不自然だと思います。意味は伝わりますが……。 仕事で、相手に何か行動を促したり、目的となる状態や行動を伝えたり等する場合に使う「〜ように」という表現は、一般的には、動詞の後に用います。「動詞+ように」という言い方をすると、伝える内容が明確になりますし、また、くだけていない話し方に聞こえるからです。 「一緒な」は「な形容詞」です。な形容詞の後に直接「〜ように」をつけると、動詞が省略されているように感じる場合が多いです。くだけた表現になっている印象です。 例えば、 A「この機能をより便利に使えるように改良して、新商品として発売しましょう。」 ...


3

(I still don't really get the situation where you leave a different city and nevertheless board on the same plane, however ...) One example I now come up with is X先生と一緒の国際便になるように*したいのですが、先生の街からの便がたくさんあって (or あるので)、どれにすればいいか わかりません. (* I edited according to what's noticed in the comment) X先生と国際便 を が 一緒なようにしたいのですが works too. To translate "X-sensei should ...


3

The most important point is that いちいち almost always has a negative connotation. This adverb describes something annoying/trivial/unnecessary is done all the time. For example, ひとつひとつ説明する (to explain one by one / step by step) is neutral, but いちいち説明する means "to bother to explain; to explain something while (I) don't want to do that". いつもありがとう (thanks always) ...



Top 50 recent answers are included